市販の水素水のメリット・デメリット

ペットボトル入りやアルミパウチ入りなど、さまざまなメーカーから水素水が販売されています。では、これらさまざまな市販の水素水にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリットは2つあります。

1つめは手軽なことです。
市販の水素水なら、買ってすぐに飲むことができます。水素水は専用のボトルで作ることができますが、ボトルで作る場合には10分以上はかかります。飲みたいときにすぐに飲めないのです。水素水はスーパーでも販売されていることがあり、飲みたいときにすぐに飲むことができます。

2つめは費用が手ごろなことです。
性能がよい水素水ボトルだと数万円はかかります。サーバーをレンタルして水素水を飲むこともできますが、サーバーはレンタル料が毎月かかり、さらにメンテナンス料もかかります。そして、水の購入も必要です。トータルで考えると数万円かかることもあります。それに比べるとペットボトルやアルミパウチに入った市販の水素水は低価格です。

デメリットは2つあります。

1つめは水素が抜け出ている可能性があることです。
水素分子は小さく、容器の見えないすき間を通って水から水素が抜け出てしまうことがあります。ペットボトルは水素が抜けやすい容器で、数か月で普通の水になってしまうこともあります。アルミパウチや缶は比較的長く水素を保持できますが、永久的に水素を保持できるわけではありません。

もう一つのデメリットは保管方法に注意することです。

水素水の容器は開封をすると水素が抜けやすくなります。缶入りのものだと1本300mlほどはあり、一度で飲みきれないと思います。保管することになりますが、開封後は水素が抜けていくため、次に飲むときは水素濃度が低下している可能性があります。水素が豊富な状態で飲むためには、開封後はできるだけすぐに飲み切ることが理想です。また、高温多湿・直射日光を避けて、しっかりフタをして保管することも大切です。