糖質制限ダイエットにMCTオイルを活用

糖質制限ダイエットにMCTオイルを活用

糖質制限ダイエットでは、糖質を控えた分のカロリーをタンパク質や脂質から摂取をします。極端に摂取カロリーを抑えてしまうと、だるさや貧血など体の不調を引き起こしてしまいます。また、エネルギー不足のたのために、必要なエネルギーを得るため筋分解が進んでしまい、代謝が悪い体にもなってしまいます。
糖質の摂取量を控えた分、私はMCTオイルでエネルギーを摂るようにしています。
MCTオイルとは、ココナッツオイルやパーム核油などから中鎖脂肪酸だけを抽出した、中鎖脂肪酸100%のオイルのことです。一般的な食用油である大豆油や菜種油などには長鎖脂肪酸が含まれています。長鎖脂肪酸に比べて中鎖脂肪酸は素早くエネルギーになりやすく、ケトン体を作りだしやすいといった特徴があります。ケトン体は糖質の代わりにエネルギー源となってくれるものです。一般的な食用油はカロリーが気になってしまいますが、MCTオイルならエネルギーに変わりやすいのでダイエット中でもあまり罪悪感なく摂れます。
MCTオイルのよいところは、味もニオイもほとんどないので、どんな料理にも使いやすいことです。そのため、糖質の代わりのエネルギー源として摂りやすい特徴があります。

MCTオイルを加熱すると煙が出たり泡立つため、加熱調理に使用することはできません。そのため、私はサラダ、飲み、スープに使って摂るようにしています。
サラダにはドレッシングやオリーブオイルをかけたりしていたのですが、糖質制限ダイエットをするようになってからはMCTオイルに代えました。ドレッシングは砂糖を使っていることがあり、糖質が意外と多い食品ですが、これをMCTオイルに代えることで糖質摂取量を抑えられます。MCTオイルをそのままサラダにかけてもおいしく食べられますが、酢や塩などと混ぜて手作りドレッシングにするとよりおいしくなります。
加熱調理には使えませんが、調理後の温かいスープにかけることはできます。野菜スープを食べることが多いのですが、適量加えるとさっぱりした野菜スープにコクが生まれます。
MCTオイルは糖質制限ダイエットの強い味方だと感じています。