市販の水素水のメリットとデメリット

水素水とは水に水素分子を溶かし込んだもので、近年女性に人気が高まっている水です。本記事では、この水素水のメリット・効果とデメリットについてまとめてみたいと思います。

水素水のメリットは何と言っても美容効果が期待できる事です。その中でも期待できる最大の美容効果は、アンチエイジングによる美肌効果です。肌の老化に大きく影響しているのは過剰な活性酸素です。水素はこの過剰な活性酸素と結合して排出する効果を持っており、これが細胞に影響する事で、肌のシミやシワ、くすみなどが軽減されるのです。

また水素水には基礎代謝を高める効果があり、さらに便秘の解消にも有効と言われており、この2つの効果も水素水が美容・ダイエット効果があるとされるポイントです。この様に、水素水のメリットとしては何と言っても美容・美肌効果が期待できる点と言えるでしょう。

一方で、水素水にはデメリットと言える活用しにくいポイントもいくつかあります。その一つは、水素分子は極めて小さなものであり、製造時には最大1.6ppmを溶解できる水素が、時間と共に次第に抜けて行ってしまうと言う点です。

この対策として、簡便なペットボトル容器に入れて市販する事が出来ず、アルミシートを含む多層構造のアルミパウチパッケージ等で供給する必要がある点です。

また開封後は出来るだけ早期に飲用しないと、加速的に水素が抜けてしまい、効果が減少する点も水素水のデメリット・利用しにくいポイントと言え、またこうしたパッケージ等の配慮が必要な事もあり、飲料水と比較して値段が高くなってしなうと言う点もデメリットです。

さらに飲用した水素は身体に吸収されますが、呼気として放出もされるため、その効果が得られる時間が非常に短いと言う点もデメリットと言えます。水素水は毎日1リットル程度飲用するのが効果的と言われていますが、飲用して効果が継続する時間が短いため、一度に大量に飲むのではなく、少しづつ分散して飲用する必要があります。この点も、水素水の特性から来る注意を要するポイントであり、デメリットと言えかも知れません。